1998.5.13 カナダ生
サラブレッド 牡 黒鹿毛

栗東・佐々木晶三厩舎

2000年10月デビュー予定!

Known Fact


1977 鹿 USA
In Reality

1964 鹿
Intentionally

1956 青
Intent[Man o'War系]
My Recipe
My Dear Girl

1957 栗
Rough'n Tumble
Iltis
Tamerett

1962 鹿
Tim Tam

1955 黒鹿
Tom Fool
Two Lea
Mixed Marriage

1952 鹿
Tudor Minstrel
Persian Maid
Sunerta


1984 鹿
Roberto

1969 鹿
Hail to Reason

1958 黒鹿
Turn-to
No Third Chance
Bramalea

1959 黒鹿
Nashua
Rarelea
Sunday Purchase

1970 栗
T.V.Lark

1957 鹿
Indian Hemp
Miss Larksfly
Dame Fritchie

1959
Count of Honor
So Proudly[9]

馬主 友駿ホースクラブ
価格 2,700万円(総口数 600口)
(募集名リチャードT)


この馬は私が1口に満たない割合で出資している馬です。
友人と3人で資金を出し合い1口を出資(名義は友人の1人)したので、
いわば1/1800を持っているということでしょうか。

この馬の魅力はなんといってもその配合にあります。
父Known Factはアメリカの名馬Man o'Warの数少ない直系で、
その始祖は根幹種牡馬3頭のうち最も子孫の少ないGodolphin Arabianです。

Known Factの代表産駒には、ともに日本に輸入された*ウォーニング、
*マークオブディスティンクション、スプリンターズS3着のSo Factualなどがいます。
最近の日本ではキングザファクトの活躍が有名です。

*ウォーニングは毎日王冠を制した*アヌスミラビリスのほか、
ヨーロッパのGTホースを多く輩出しています。
現在は日本で供用され、今年日本の産駒がデビューします。

また、*マークオブディスティンクションも日本に輸入され、
ホッカイルソーやコウエイロマン、
そして当サイトの主役でもある
マジックリボンを出し、
この系統の日本の馬場への適性は抜群です。

Known Factの代表産駒である*ウォーニング、
*マークオブディスティンクション、So Factualはともに、
日本の馬場への適正だけでなく、
母系に共通してRobertoを持っているという特徴があります。

このカリスマシチーは父Known Fact、母の父Robertoという、
*ウォーニング、So Factualと同じ配合なので、
日本での活躍を期待できる1頭だと思っています。

父Known Factは2000年7月に死亡、
ますます残された産駒の活躍が期待される。