全部門(アラ系を除く)がグレード勝ち馬で、GVを制しながら選にもれる馬が出るほどの
ハイレベルな選考になった。次点の馬も例年ならば最優秀馬となるであろう馬ばかりだ。
とはいえ各部門で最優秀馬に選出された馬は、さすが東海地区と言えるすばらしい活躍をし、
全国に出しても恥ずかしくない東海を代表する馬たちである。

※ご注意
・ここでの年齢表記は特例で昨年までの従来の表記を使用します
・次点も投票するため得票率の合計は100%を超えます
・主催者も投票しておりますが、集計の公平を期すために白原の投票は公開します
・当企画はRibbonMemoriesが独自に企画したもので、岐阜県地方競馬組合、
 愛知県競馬組合、地方競馬全国協会などとは一切関係ありません
・年度代表馬以外の各部門は1月7日〆切の投票で決定されました。

2001.1.19 参加者9名

年度代表馬 ミツアキサイレンス(笠松)

年度代表馬票決結果 フジノテンビー **3
ミツアキサイレンス **5 ハカタビッグワン **0
ゴールデンチェリー **0 ブラウンダンディ **1

サラ系3歳最優秀馬
フジノテンビー(笠松)  得票率
100.0%
牡3歳・鹿毛・1998.3.16生
中山義宣厩舎所属
  ・年度代表馬候補
・デイリー杯お見事でした
・全国区での活躍
・レジェンドに続く活躍で今後が楽しみ
・文句無しにデイリー杯勝ちは評価できる
・夢を再び…

 デイリー杯3歳S(GU)をはじめとする重賞3勝のフジノテンビー、中京盃
(SPT)など重賞2勝と兵庫ジュニアGP(GV)2着のレタセモア、重賞勝ち
こそないものの2着が3回と安定した成績を残したパワフルダンサーの争
いとなった。しかし、朝日杯出走は実現しなかったもののレジェンドハンタ
ーに続く笠松勢のデイリー杯連覇を達成し、レタセモアを秋風ジュニアで
大差で敗っていることなどから、フジノテンビーが圧倒的な評価を獲得し文
句なしの選出となった。

父*テンビー
母ローズホーラー(byトウショウボーイ)

主戦/安藤勝己騎手
生産/樋渡信義氏(新冠)
馬主/大橋清助氏

5戦5勝('00)
デイリー杯3歳ステークス(GU)
兼六園ジュニアカップ
秋風ジュニア(SPV)
  レタセモア(笠松) 44.4%  
  パワフルダンサー(名古屋) 5.6% [白原]フジノテンビー(次点レタセモア)

サラ系4歳最優秀馬
ミツアキサイレンス(笠松)  得票率
88.9%
牡4歳・鹿毛・1997.4.20生
粟津豊彦厩舎所属
  ・年間の安定度を重視
・新世紀も飛躍
・兵庫CSの末脚が印象に残っています
・競馬場問わずの活躍を評価
・4歳ダート戦線の主役としての活躍は立派
・GT連対がある分ミツアキ有利

 グレード勝ち馬が2頭出るハイレベルな世代で激戦となった。兵庫CS
(GV)を驚異の末脚で差し切り、ダービーGP(GT)でも大差ながら2着に

入るなど年間を通して活躍したミツアキサイレンス、ミツアキサイレンスの
ライバルとして好勝負を演じ、サラブレッドCC(GV)を制したブラウンシャ
トレー、入厩時から素質を期待され、グレード初挑戦となるクイーン賞(GV)
で古馬相手に見事僅差の2着に入ったリンリンスキー、重賞勝ちはスプ

リングC(SPU)のみだが、期待度はNo.1のレジェンドハンターの争いとな
った。レジェンドハンターの実力は誰もが認めるが、SPU1勝のみと復帰
後のレースのふがいなさから4番手評価にとどまった。リンリンスキーはジ
ャパンCダート4着の関東オークス馬プリエミネンスに頭差の接戦をするな
どの実力を見せたが、グレード勝ちがないことから上位2頭より評価を下げ

た。上位の2頭は直接対決では互角の攻防を繰り広げたが、兵庫CSの
勝ちっぷりとダービーGPで2着となったこと、また岐阜金賞(SPT)で大差

勝ちをしたことなどが評価され、ミツアキサイレンスが選出された。

父エイシンサンディ
母ユウコウターナ(by*ターナボス)

主戦/川原正一騎手
生産/広川牧場(平取)
馬主/山本光明氏

10戦4勝('00)
兵庫チャンピオンシップ(GV)
岐阜金賞(SPT)
新緑賞(SPU)
ゴールドジュニア(SPV)
2着=ダービーグランプリ(GT)
2着=サラブレッドチャレンジカップ(GV)
3着=中日新聞杯(GV)
  ブラウンシャトレー(名古屋)  44.4%  
 ・遠征競馬でよく頑張りました
  リンリンスキー(名古屋) 11.1%  
  レジェンドハンター(笠松) 5.6% [白原]ミツアキサイレンス(次点ブラウンシャトレー)

サラ系5歳以上最優秀馬
ハカタビッグワン(笠松)  得票率
83.3%
牡6歳・鹿毛・1995.4.18生
飯干秀人厩舎所属
  ・年間の安定度を重視
・安藤光彰騎手と息がぴったり
・距離不問の活躍はすばらしい
・全日本サラブレッドCで地元勢連覇

 この部門もグレード勝ち馬が2頭おり激戦となった。全日本サラブレッドC
(GV)で悲願のグレード制覇を達成したハカタビッグワン、持ち前のスピード
で他馬を圧倒しクラスターC(GV)を圧勝したゴールデンチェリー、重賞勝ち
はないものの、どんなメンバーでも必ず上位に顔を出す実力馬ゴールドプル

ーフ、かきつばた記念でゴールドティアラの4着など、強敵相手に食い下が
ったアイリッシュパークの争いとなった。ゴールドプルーフとアイリッシュパ
ークは重賞勝ちがなく、上位2頭と比べて苦しい評価となった。ハカタビッグ
ワンとゴールデンチェリーは戦績も互角で甲乙つけがたかったが、くろゆり
賞制覇や白山大賞典での2着、またなんといっても地元ファンの目の前で
の全日本サラブレッドC(GV)の地元勢連覇達成がファンの目に強く焼き付
き、ゴールデンチェリーを抑えての選出となった。

父*スラヴィック
母コスモエフォート(by*トレボロ)

主戦/安藤光彰騎手
生産/福岡広行氏(浦河)
馬主/大迫忍氏

9戦2勝('00)
全日本サラブレッドカップ(GV)
くろゆり賞(SPT)
2着=白山大賞典(GV)
  ゴールデンチェリー(名古屋) 44.4%  
 ・遠征でのグレード勝ちを評価
 ・なかなか難しい選択
  ゴールドプルーフ(名古屋) 16.7%  
  アイリッシュパーク(笠松) 5.6% [白原]ハカタビッグワン(次点ゴールデンチェリー)

サラ系最優秀牝馬
ゴールデンチェリー(名古屋)  得票率
77.8%
牝7歳・栗毛・1994.5.14生
瀬戸口悟厩舎所属
  ・クラスターC圧勝を重視
・牝馬も層が厚い
・名古屋勢初の交流重賞制覇を評価したい
・良い子を産んで欲しいです

 ここもレベルの高い争いとなった。クラスターC(GV)を圧勝し、サラ系5歳
以上最優秀馬でも評価を分けたゴールデンチェリー、古馬混合で大健闘し
たリンリンスキー、TCK女王盃(GV)で体調不良ながら2着となった一昨年
のNAR最優秀牝馬マジックリボンが争った。マジックリボンは2000年度1
戦しかしておらず、春に引退したしまったため年間を通しての活躍という点
で他の2頭に劣った。ゴールデンチェリーとリンリンスキーの2頭の選定は
各部門の中で最も接戦となったが、グレードレースを制しているという点が
最後にものを言い、ゴールデンチェリーが選出された。
父Crafty Prospector
母AKissforLuck(byReflectedGlory)

主戦/吉田稔騎手
生産/Foxfield(米国)
馬主/(株)協栄

戦勝
クラスターカップ(GV)
新春グランプリ(SPU)=レコード
3着=北海道スプリントカップ(GV)
  リンリンスキー(名古屋) 55.6%  
 ・4歳牝馬ながら古馬混合で好走
  マジックリボン(笠松) 16.7%
[白原]ゴールデンチェリー(次点リンリンスキー)
 ・文句なし!

サラ系最優秀短距離馬
ゴールデンチェリー(名古屋)  得票率
94.4%
牝7歳・栗毛・1994.5.14生
瀬戸口悟厩舎所属
  ・スプリントならこの馬
・クラスターCは感動しました
・純粋な短距離馬としてはこの馬
・名古屋勢初のダートグレード制覇
・短距離馬と言えばやはりこの馬

 グレードホース2頭が顔を出した。クラスターC(GV)圧勝や、新春GP
(SPU)でのレコード勝ちなどがある左回りが得意な典型的な短距離馬の
ゴールデンチェリー、距離は万能だがスプリント戦の全日本サラブレッドC
(GV)で悲願を達成したハカタビッグワン、3歳時から素質を高く評価され
たが故障に泣かされるなどして、この年ようやく軌道に乗りスプリンター争
覇(SPV)制覇と全日本サラブレッドC3着のエフワンライデン、中央の芝
短距離のオープンで上位を争った4歳馬ブラウンシャトレーの争いとなった。
ブラウンシャトレーは活躍距離が短距離ではなく、重賞勝ちもないこと、エ
フワンライデンは全日本サラブレッドC3着とはいえハカタビッグワンに敗れ
ていることから、上位2頭に絞られた。戦績はほぼ互角だが、より最優秀
短距離馬にふさわしいという観点から、戦績のすべてがスプリント戦、レコ
ード勝ちもあるゴールデンチェリーがベストスプリンターとして評価された。

父Crafty Prospector
母AKissforLuck(byReflectedGlory)

主戦/吉田稔騎手
生産/Foxfield(米国)
馬主/(株)協栄

12戦2勝('00)
クラスターカップ(GV)
新春グランプリ(SPU)=レコード
3着=北海道スプリントカップ(GV)
  ハカタビッグワン(笠松) 33.3%  
 ・ハイレベルの全日本サラCを制した点で
  エフワンライデン(笠松) 5.6%  
  ブラウンシャトレー(名古屋) 5.6% [白原]ゴールデンチェリー(次点ハカタビッグワン)

サラ系最優秀芝ホース
フジノテンビー(笠松)  得票率
88.9%
牡3歳・鹿毛・1998.3.16生
中山義宣厩舎所属
  ・年度代表馬候補
・デイリー杯お見事でした
・全国区での活躍
・レジェンドに続く活躍で今後が楽しみ
・文句無しにデイリー杯勝ちは評価できる
・夢を再び…

 芝実績は中央遠征での実績を示し、それは東海の馬の芝への高い適正
を示すものにもなる。本部門は芝で最も優秀な成績を収め、中央をも席巻
した東海の優秀な馬を選出するものである。フジノテンビーはデイリー杯3
歳S(GU)を初めての芝で制した。ブラウンシャトレーはオープンで常に上
位を争い芝への高い適正を見せた。ミツアキサイレンスは芝が苦手と言わ
れたが、皐月賞トライアルの若葉Sで不利を受けながら差のない5着、中日
新聞杯(GV)では直線猛然と追い込み3着と、評価を振り払う活躍を見せた。
しかし、4歳2頭は上位争いするものの入着にとどまり、3歳限定ながら1番
人気に応えGUを制覇したフジノテンビーを凌ぐほどではないと評価され、
フジノテンビーが選出された。
父*テンビー
母ローズホーラー(byトウショウボーイ)

主戦/安藤勝己騎手
生産/樋渡信義氏(新冠)
馬主/大橋清助氏

5戦5勝('00)・芝1戦1勝
デイリー杯3歳ステークス(GU)
兼六園ジュニアカップ
秋風ジュニア(SPV)
  ブラウンシャトレー(名古屋) 33.3%  
  ミツアキサイレンス(笠松) 22.2% [白原]フジノテンビー(次点ブラウンシャトレー)

アラ系最優秀馬
ブラウンダンディ(名古屋)  得票率
83.3%
[アア]牡5歳・鹿毛・1996.4.25生(血量26.99%)
国光徹厩舎所属
  ・東海地区では無敵
・タマツバキ記念3着を素直に評価
・SPT3勝のブラウンダンディで文句なし
・東海最強馬

 本来ならばアラ系も各世代に部門を設定すべきではあるが、アラ系の重
賞は少なく、頭数比を考えても最優秀の1頭を選出することがふさわしいで
あろう。ブラウンダンディは名古屋杯を連覇(うち1回はレコード勝ち)するなど
数少ないアラ系のSPTを3勝した。メダリストヒザワは4歳最強評価だが、
秋以降の古馬混合戦での苦戦が敬遠された。ブレーンワークは99年末に
福山より移籍。トップクラスで常に上位を争った。イケノエメラルドは年初に
アラブギフ大賞典を制するなど重賞を2勝した。しかしともにブラウンダンディ
を凌ぐほどではなかった。マリンレオは最大の上がり馬で、年末にはついに
ブラウンダンディを撃破した。これは非常に大きな実績だが、重賞実績という
点で最優秀馬選出まではいかなかった。

父[アア]ヒロタケスター
母[アア]ヤマヒサハピネス(by[アア]シナノリンボー)
主戦/安部幸夫騎手
生産/原弘之氏(静内)
馬主/小島學氏

12戦10勝('00)
第77回名古屋杯(SPT)=レコード
第78回名古屋杯(SPT)
アラブチャンピオン賞(SPT)
3着=タマツバキ記念山陽杯
  メダリストヒザワ(名古屋) 16.7%  
 ・迷ったが…
  ブレーンワーク(名古屋) 16.7%  
  イケノエメラルド(名古屋) 11.1%  
  マリンレオ(名古屋) 5.6%
[白原]ブラウンダンディ(次点ブレーンワーク)
 ・ブラウン撃破を重視して次点

[特別賞]最優秀交流馬
ファストフレンド(JRA)  得票率
94.4%
牝7歳・栗毛・1994.5.12生
高市圭二厩舎(美浦)所属
  ・両方ともGT馬だがダートに限ればファストが上か
・2頭(ゴールドティアラ)とも強かった
・レコード勝ちを評価
・この馬だけは仕方がない…

 東海地区には数多くの交流戦があり、これをステップに大レースを制した
馬は、過去にもウイングアローを初めとして多数いる。当部門は東海のレー
スですばらしいパフォーマンスを挙げ、かつそれをステップに大きな実績を
残した馬を称えるものである。今年も例外でなく、ファストフレンドが東海菊
花賞を制し、年末には東京大賞典でGT2勝目を挙げた。アグネスデジタル
は名古屋優駿を制しながら、秋には芝のマイルCS(GT)を、ゴールドティアラ
はかきつばた記念を制し、秋には南部杯(GT)でGT初制覇を飾っている。ト
ラベラーは唯一東海地区重賞で今年2回入着しており、各地のグレードレー
スで好勝負を演じた。しかしファストフレンドは東海菊花賞で出遅れながら着
差以上の強さでレコード勝ち。マジックリボンのライバルである砂の女王の初
の東海参戦もファンには印象深かった。このような点が評価され、圧倒的な
支持で選出された。

父アイネスフウジン
母ザラストワード(by*ノーザンテースト)

主戦/蛯名正義騎手
生産/中前義隆氏(門別)
馬主/竹崎大晃氏

9戦5勝('00)
東海菊花賞(GU)=レコード
東京大賞典(GT)
帝王賞(GT)
東海ステークス(GU)=レコード
エンプレス杯(GU)
3着=フェブラリーステークス(GT)
3着=川崎記念(GT)
  アグネスデジタル(JRA) 38.9%  
 ・芝ダ双方で活躍したアグネスデジタルを推薦
  ゴールドティアラ(JRA) 5.6%  
  トラベラー(金沢) 5.6%
[白原]ファストフレンド(次点アグネスデジタル)
 ・成績ではファストだがトラベラーも評価できる