出走予定馬
地元馬JRA他地区
レジェンドハンター笠松マイネルマックスサンエムキング高崎
コアレスフィールド船橋
エフワンライデン笠松レイズスズランキングナムラ金沢
ハカタビッグワン笠松レッドチリペッパーマチカネホシマツリ高知

 昨年は表彰式で涙した同レース、昨年よりさらにメンバーが揃い好レースが期待できる。

 GVとなって初年の97年は地元のトミケンライデンが優勝。2着・3着も荒川厩舎のワカオ
ライデン産駒が入るという快挙。翌98年はJRAのバトルライン・ストーンステッパーの1・2。
そして昨年は地元マジックリボンとゴールドプルーフの1・2と、交互に地元馬と中央馬がワン
ツーを決めている。さて今年は…順番で言えば中央馬?!

 以下で出走各馬の評価をチェックしよう!
馬名
(所属)
コメント白原

評価
レジェンドハンター
(笠松)
なんといっても目玉はこの馬だろう。本当はここに出ているはずの
ない馬だが、スワンSでまさかの失速。マイルCS出走は夢に終わ

り、目標を暮れの東京大賞典に変え、地元のビッグレースに矛先
を向けてきた。芝にも適正があるが、ダートだとさらにスピードに威
力が増す。地元のここは負けられないところだ。
エフワンライデン
(笠松)
荒川師の忘れ形見。デビュー当時から活躍を期待された素質馬だ
が、休養が多く望みのレースに出られずに消化不良のシーズンが
続いた。昨年の同レースも除外されたが、今年新設のトライアルを
快勝し、念願の出走となった。衰えたとの声もあるが、ここまで5連
勝。遅れてきた大物に期待せずにはいられない。
ハカタビッグワン
(笠松)
元南関東で東京王冠賞を制した実力馬。いまではすっかり東海の
顔となった。全国のグレードレースを駆け巡り、優勝こそないがどん
なレースでも堅実に上位に顔を出す。詰めの甘さは否めないが、今
の東海古馬勢では実力は間違いなくトップクラス。念願のグレード
制覇に向けて虎視眈々とチャンスをうかがう。
マイネルマックス
(JRA)
7歳だが今年もマイラーズCを勝つなど息の長い活躍をしている、4
年前のGTホース。レジェンドハンターが惜しくも手が届かなかった
朝日杯3歳Sを勝っている馬だ。この年齢でなんとダートは初めて。
それがいきなり笠松の深い砂にどう対応するか。実績では間違いな
くNo.1だが。
レイズスズラン
(JRA)
矛先をダート重賞に変更し成功、今年はさきたま杯を制した。なんと
5日前の浦和記念を走ったばかりで出走してきた。叩き3戦目で意
欲的な連闘、距離・ダートも得意で侮れない1頭だ。ただ、スピードに
長けた馬がそろい、注文どおりの展開にはならないかも。そうなると
案外もろい面もある。
レッドチリペッパー
(JRA)
GV2勝やGTでの入着もある芝短距離戦線の実績馬で。ダートは
2戦しているが連対なし。今回が地方競馬初出走となる。中団より
後ろで競馬をすることが多い追い込み馬で、笠松では不向きな脚質
かもしれない。ここ4戦は2ケタ着順続きで不振だが、新天地での変
身には注意が必要も、走ってみないとわからないのが本音。
サンエムキング
(高崎)
昨年はJRA所属でこのレース3着。ハイペースに後方待機に徹して
マジックリボンをマークして人気薄ながら3着を確保した。もともと先行
時に実績のあった馬だが、笠松で新味を見せてくれた。今年は高崎
に移籍して地元では敵なしだが、交流競走では分の悪いレースが続
いている。年齢的に昨年以上は望めないか。
コアレスフィールド
(船橋)
7歳だが、デビューは5歳でキャリアは少なく、今夏の南関東の上がり
馬。G初挑戦の東京盃ではベラミロードの6着。しかし良績は先行時に
多く、東京盃のようにスピード馬が揃ったレースでは後方からの競馬を
強いられている。ここもスピード馬が揃ったので自分の競馬ができるか
どうかが鍵。他地区馬では有力な1頭。
キングナムラ
(金沢)
元中央馬で、3歳時には京都ダ1400でレコードも出した。金沢では上
位クラスで活躍しているが、前走武蔵野Sは15着とメンバー強化では
やや分が悪い。自在な脚質は好材料でこの距離もベストだが、マジッ
クリボンに全く歯が立たなかったヒノデソシアルに地元で連敗している
ことを考えると、昨年よりメンバーが揃ったここは劣勢か。
マチカネホシマツリ
(高知)
中央に入厩するが故障で1戦もせずに高知でデビューした。4歳暮れ
までデビューが遅れたが、ここまで地元で20勝、4着以下なしとまだ
底を見せていない。元々中央で走るはずだった馬で侮れない。高知
1400で1:27.4の持ちタイムがあり、上積みがあれば通用してもおかし
くない伏兵だ。


独断と偏見! レース結果大予言

レジェンドハンター笠松1:25.9
ハカタビッグワン笠松
マチカネホシマツリ高知11/2
エフワンライデン笠松 1/2
レイズスズランJRA クビ
マイネルマックスJRA クビ
コアレスフィールド船橋
レッドチリペッパーJRA21/2
サンエムキング高崎 ハナ
10キングナムラ金沢11/2

(勝手な予想です。各馬を応援されている方すみません)

ゲートが開く。ハナを切りたい
レイズスズランだが、スピードの違いでレジェンドハンター
先頭に立ち、レイズはハナを奪えずに2番手に控える。3番手に
エフワンライデンが追走。
速いペースだが、昨年ほどではない。中団前に
ハカタビッグワンマチカネホシマツリ
その後に
コアレスフィールドキングナムラが追走し、マイネルマックスレッドチリペッパー
は中団後。
サンエムキングは今年も後方待機。向正面で各馬に早くも動きが出る。
レイズスズランは離されまいとレジェンドハンターに並びかけに行き、エフワンライデンも
これに追随。マイネルマックスとレッドチリペッパーの中央実績馬2頭も先行勢に
取り付こうと仕掛けるが、初めての深い砂に脚を取られて動きが悪い。
4角でも先頭はレジェンドハンター。地元で気分よく逃げている。早めにレジェンドハンター
に並んでいったレイズスズランは脚色が怪しくなり、好位に付けていたエフワンライデン
が2番手に浮上。その直後にハカタビッグワンとマチカネホシマツリが手応えよく
上がってくる。直線でもレジェンドハンターの脚色は衰えず3馬身差付けてゴール。
2着に好位から直線差してきたハカタビッグワンが入り、昨年に続き地元馬のワンツー。
3着には無駄のないレースをしたマチカネホシマツリが食い込んだ。
エフワンライデン、レイズスズランはレジェンドハンターについていったのが最後に堪えた。


11月25日現在での白原の予想
◎レジェンドハンター
○ハカタビッグワン ▲マチカネホシマツリ △エフワンライデン
(予想が変わる可能性は大いにあります)