(2000年5月)


(2000.5.31)
6.22大井帝王賞(GT) 出走馬

ウイングアローJRAスズオールマイティ北海道ドラールアラビアン大井
オースミジェットJRAメイセイオペラ岩手ナショナルスパイ大井
タイキヘラクレスJRAイナリコンコルド大井サプライズパワー船橋
ファストフレンドJRAオリオンザサンクス大井デリケートワン船橋
マイターンJRAゴールドヘッド大井マキバスナイパー船橋
インテリパワー川崎

本日笠松で初めての3歳新馬戦が行われ、フジノテンビーが9馬身差の圧勝。
安藤勝己騎手騎乗で、48.5秒の好時計でした。


浦和の重賞テレビ埼玉杯(南関東G3)は、サプライズパワーが
断然人気に応え勝ちました。同馬の次走は帝王賞です

札幌のオープン日本レーシングサービス特別に出走した、
移籍2戦目のシグナスヒーローは、勝馬から1秒差の6着に敗れました。
勝ったのはマチカネハテンコウ。

6.4安田記念にはディクタット(UAE)・フェアリーキングプローン(香港)の、
外国馬2頭が出走します。また宝塚記念への外国馬出走はありません。
なおディクタットは今回、主戦のデットーリ騎手が騎乗予定です。


(2000.5.30)
6.14名古屋名古屋優駿(GV) 出走馬

アグネスデジタルJRAケイオーデビル愛知ミサキサンデー愛知
アドマイヤタッチJRAヒメカミ愛知ユウイチホマレ愛知
マイネルコンバットJRAプラウドスペシャル愛知ミツアキサイレンス笠松
レギュラーメンバーJRAブラウンシャトレー愛知オオギリセイコー高知

ホッカイルソー(JRA・牡9)が引退・種牡馬入りすることになった。
天皇賞(春)5着のあとエプソムCを目標に調整されていたが、
左前脚の屈腱炎が再発したため、29日に引退が決まった。
今後は生まれ故郷の北海牧場(門別)で種牡馬となる。

同馬は3歳でデビュー、明け4歳の弥生賞をフジキセキの2着。
3冠レースを4・4・3着とした後、5歳で日経賞(GU)で重賞初制覇。
続く天皇賞(春)を3着と一線級で活躍した。
しかしその後屈腱炎を発症し、3年もの休養を強いられた。
8歳春に復帰し、秋にはオールカマー(GU)をレコードで制し見事に復活。
9歳になった今年も天皇賞(春)で5着など、衰えをみせなかった。

ホッカイルソーは父マークオブディスティンクション、母ホッカイラブリー、
母の父ホッカイダイヤという血統で、父の代表産駒である。
特に日本では数少ないマンノウォー系種牡馬となる同馬は、
貴重な血脈を受け継ぐ担い手としての活躍を祈りたい。

生涯成績JRA28戦5勝
主な戦績:1着=日経賞(GU)、オールカマー(GU)、ジュニアC、府中3歳S、
2着=弥生賞(GU)、新潟記念(GV)、3着=天皇賞(春)(GT)、菊花賞(GT)


(2000.5.29)
31日から笠松で3歳新馬戦が始まります。
昨年は非常にハイレベルの世代でしたが、今年はどうでしょうか。

デビュー3連勝中のトミケンコンドルが6.2の笠松1Rに出走します。

6.7笠松10R 第18回ローレル争覇(P) D1800m 編成馬
イケズキスターエイシンナポレオンエフワンライデンエムジースナイパー
オーバーザガルチグランプリクンナリタオンワードナリタジュネス
ヒカルホクトセイフジノスイトピーヤマノオリオンラッシュスルー

佐賀の現役最強牝馬シゲノキューティーが、
オグリキャップ記念出走のあと船橋に移籍しました。

28連勝中のドージマファイター(栃木)は、先日のレースを回避しましたが、
靭帯に軽い異常を認めたため放牧に出されました。


6月に行われるダートグレードレース(地方開催)への、
JRA出走予定馬は以下の通りです。

6.14名古屋
名古屋優駿(GV)
アグネスデジタル・アドマイヤタッチ・マイネルコンバット・レギュラーメンバー
6.15札幌
北海道スプリントカップ(GV)
アブクマレディー・キーゴールド・ストーンステッパー・ロイヤルスズカ
6.22大井
帝王賞(GT)
ウイングアロー・オースミジェット・タイキヘラクレス・ファストフレンド・マイターン


(2000.5.28)
第67回東京優駿(GT)
サ系4歳牡牝東京T2400m左15:301着13200万円

結果
アグネスフライト57河内2:26.2
エアシャカール57武豊 ハナ
×13アタラクシア57四位31/2
12トーホウシデン57田中勝11/2
×リワードフォコン57後藤浩 クビ10
17ジョウテンブレーヴ57蛯名 3/4
カーネギーダイアン57藤田 3/4
16プラントタイヨオー57小野次11/416
オースミコンドル57武幸11/2
1015ジーティーボス57吉永13/415
11クリノキングオー57 3/417
1210ダイタクリーヴァ57高橋亮
13タニノソルクバーノ57岡部幸
14マイネルブラウ57横山典11/212
1518マイネルコンドル57伊藤直13/418
1614パープルエビス57石橋11
1711マルカミラー57福永アタマ14
18マイネルブライアン57北村宏13

河内騎手は17回目の騎乗でダービー初制覇です。


宇都宮の重賞
カネユタカオー記念はベラミロードがレコードで圧勝。
兄のイヴニングスキーは5着に敗れました。
ベラミロードは前回兄に敗れていますが、今回は妹の圧勝となりました。

中津ダービーはスキーキャプテン産駒の牝馬ピアストームが大差で優勝。
このレースの1着賞金は60万円。同日行われた日本ダービーの1/220です。


(2000.5.27)
5月28日
第67回東京優駿(GT)
サ系4歳牡牝東京T2400m左15:301着13200万円

出馬表
×リワードフォコン牡457後藤浩
エアシャカール牡457武豊
オースミコンドル牡457武幸
アグネスフライト牡457河内
カーネギーダイアン牡457藤田
タニノソルクバーノ牡457岡部
マイネルブラウ牡457横山典
クリノキングオー牡457
マイネルブライアン牡457北村宏
10ダイタクリーヴァ牡457高橋亮
11マルカミラー牡457福永
12トーホウシデン牡457田中勝
×13アタラクシア牡457四位
14パープルエビス牡457石橋
15ジーティーボス牡457吉永
16プラントタイヨオー牡457小野次
17ジョウテンブレーヴ牡457蛯名
18マイネルコンドル牡457伊藤直

(2000.5.26)
今年は1200mで行われる6.10中京のテレビ愛知オープンに、
東海公営からトミケンライデン(笠松)とマルカダイシス(愛知)が参戦。
なお中央オープンの常連、高崎のタマルファイターも参戦予定です。

6.11中京の中日スポーツ賞4歳S(GV)に、
東海公営からマエストロセゴビア(笠松)とアサヒミネルバ(愛知)が参戦。


かしわ記念を制したビーマイナカヤマの次走は、
連覇を狙う北海道スプリントC(GV・札幌)か、プロキオンS(GV・阪神)。
または帝王賞(GT)参戦の可能性も。

28日宇都宮の重賞カネユタカオー記念で、
イヴニングスキー・ベラミロードの2度目の兄妹対決が実現します。
今回はイヴニングスキー56.5・ベラミロード57で斤量が逆転しています。


(2000.5.24)
第12回かしわ記念(GV)(南関東G2)
サ系4歳上船橋D1600m左16:051着3000万円

結果
ビーマイナカヤマJRA56鹿戸1:40.8
レディブライティア船橋52佐藤隆11/2
10ロイヤルスズカJRA56岡部幸21/2
ミナミノシェーバー大井53石崎 1/2
ビッグコマンド船橋54矢野11/2
ミッドナイトベットJRA57河内 クビ
ユニティステージ大井52
メイショウモトナリJRA56安田康
トウケイメモリー大井54鷹見
10マルゴウィナー船橋54秋田 1/211

名古屋のオープン特別エメラルドオープンはほぼ人気通りの決着。
アイリッシュパークが勝ちました。


(2000.5.23)
上山の4歳重賞さつき賞は、ワカオライデン産駒のコマザブルが勝ちました。

JRA昇竜Sを快勝したマイマスターピースはレース後、
左前浅屈腱不全断裂で再起不能と診断され、引退となりました。

明日24日に船橋で行われるかしわ記念(GV)の前日オッズは、
ビーマイナカヤマ(JRA)が単勝1.3倍の断然人気となっています。
離れてトウケイメモリー(大井)、メイショウモトナリ(JRA)が続いています。


(2000.5.22)
5月24日第12回かしわ記念(GV)(南関東G2)
サ系4歳上船橋D1600m左16:051着3000万円

出馬表
メイショウモトナリJRA牡756安田康
ミナミノシェーバー大井牡853石崎
ユニティステージ大井牝652
ビッグコマンド船橋牡654矢野
マルゴウィナー船橋牡854秋田
ミッドナイトベットJRA牡757河内
トウケイメモリー大井牡854鷹見
ビーマイナカヤマJRA牡756鹿戸
レディブライティア船橋牝752佐藤隆
10ロイヤルスズカJRA牡856岡部幸

2600mの長距離戦、大井記念(南関東G2)が行われ、
イナリコンコルド(大井)が7馬身差で逃げ切り勝ち。
2着にデリケートワン(船橋)、3着にゴールドヘッド(大井)。
人気のインテリパワー(川崎)は7着に敗れました。
勝ったイナリコンコルドの次走は帝王賞(GT)。

大井の最終B2特別に出走したチェイスチェイスは、
持ったままで楽勝し移籍後4連勝となりました。


17日の東海クラウンを勝ったエフワンライデン(笠松)は、
しばらくは交流戦を使わず、地元戦に専念する予定。
同2着のハカタビッグワン(笠松)は6.18阪神のプロキオンS(GV)に出走予定。
プロキオンSにはゴールドティアラ(JRA)も出走予定。

降級したC3戦を楽勝したマエストロセゴビア(笠松)は、
6.11中京の中日スポーツ賞4歳S(GV)に出走予定。


(2000.5.21)
中京の東海S(GU)は、牝馬のファストフレンド(JRA)がレコード勝ち。
2着はスマートボーイ、3着はマイターンでした。
トラベラー(金沢)は11着、セイエイツートップ(笠松)は13着、
ラッシュスルー(笠松)はしんがりの16着に敗れました。


中京のオープン昇竜Sに出走した愛知のブラウンシャトレーは4着でした。
これで同馬は中央オープンを4戦連続入着です。

盛岡での新設オープン特別第1回あすなろ賞は、
59キロを背負ったメイセイオペラが完勝。次走は帝王賞です。

金沢でも同名の重賞あすなろ賞が行われ、エーブジャパンが逃げ切り圧勝。


20日東京の目黒記念(GU)はステイゴールドが優勝し、
悲願の重賞初制覇となった。
1番人気での優勝ながら、スタンドからは拍手が送られていました。


(2000.5.19)
本日行われた新潟ダービーは、地元馬と上山からの2頭で争われ、
先日中央500万下を快勝したアクションアラートが圧勝しました。

関東オークスを制したプリエミネンス(JRA)は、秋まで放牧されます。

有珠山の火山活動の影響で避難していたメジロ牧場の馬が、
17日に牧場に戻ってきました。

メイセイオペラはかしわ記念を回避し21日盛岡のあすなろ賞に出走予定。
このレースに出走の場合、斤量は59キロになります。


(2000.5.18)
デビュー戦でレジェンドハンターを敗っているマエストロセゴビア(笠松)の、
C3への降級初戦は1400m1:27.7の好タイムで8馬身差の圧勝でした。

東海Sに出走予定だったゴールドティアラ(JRA)は出走を回避。
距離面からプロキオンSに回る可能性が高くなりました。
当初目標だった帝王賞参戦については不明です。

名古屋のブラウンシャトレーは予定通り、
20日中京のオープン昇竜Sに出走します。

かしわ記念に登録のあるメイセイオペラは現在のところ、
21日盛岡のあすなろ賞または直接帝王賞に向かうとのことで、
船橋参戦の可能性は低くなりました。地元戦の出否は追い切り次第となります。


(2000.5.17)
デイリー盃第36回関東オークス(GV)(南関東G1)
サ系4歳牝川崎D2100m左19:551着3000万円

結果
11プリエミネンスJRA54柴田善2:17.3
エアピースJRA54蛯名
×エオルスハルフェJRA54小林徹
トウホージュディJRA54菊沢徳 ハナ
10ウランウラン浦和54石崎
フレアリングアロー浦和54佐藤隆
ミキノファンタジー川崎54森下
12アネスト大井54内田博
トッキーヒメノ川崎54金子正10
10ブリサターフJRA54宮浦11
11×カミナリマジック船橋54桑島
取消ミノンタイトル川崎54的場文.

安藤勝己騎手が体調不良で15日から地元での騎乗を取りやめています。
今日も騎乗予定馬が乗替となっています。

笠松のオープン東海クラウンは、人気2頭の激しい叩き合い。
ハナ差でエフワンライデンがハカタビッグワンを制しました。3着には8馬身差。
エフワンライデンは安藤勝騎手からの変更で吉田稔騎手。

圧勝で2連勝中のトミケンコンドル(笠松)が本日1Rを勝ち、
デビュー3連勝を飾りました。川原騎手が代役を果しました。

負傷加療していた石崎騎手が昨日の川崎から復帰しました。
全治1ヶ月の診断でしたが、10日と非常に早い復帰となりました。


4歳アラブの日本最大のレース、楠賞全日本アラブ優駿が園田で行われ、
荒尾のコウザンハヤヒデが優勝。同馬はこれでデビュー11連勝。
荒尾所属馬の楠賞優勝は、史上2頭目の快挙となりました。

笠松で行われた東海地区のアラブダービーはラッキーモラールが勝ちました。

中央から北海道に移籍したシグナスヒーローは本日、
札幌メインのオープンに移籍後初出走し、勝馬から2馬身差の4着でした。


(2000.5.16)
足利の重賞尊氏賞は前走兄妹対決を制したイヴニングスキーが勝ちました。
アラブのホマレスターライツは4着に敗れています。

17日に川崎で行われる関東オークスの前日オッズでは、
JRAのプリエミネンスが1番人気に支持されています。
なお、
7枠9番のミノンタイトル(川崎)は出走を取り消しました。

中央から北海道に移籍したシグナスヒーローが、
明日17日の札幌メインのA級特別に出走、移籍後初戦となります。


(2000.5.15)
5月17日デイリー盃第36回関東オークス(GV)(南関東G1)
サ系4歳牝川崎D2100m左19:551着3000万円

出馬表
フレアリングアロー浦和牝454佐藤隆
トッキーヒメノ川崎牝454金子正
×エオルスハルフェJRA牝454小林徹
ブリサターフJRA牝454宮浦
×カミナリマジック船橋牝454桑島
トウホージュディJRA牝454菊沢徳
ミキノファンタジー川崎牝454森下
エアピースJRA牝454蛯名
ミノンタイトル川崎牝454的場文
10ウランウラン浦和牝454石崎
11プリエミネンスJRA牝454柴田善
12アネスト大井牝454内田博

14日足利で出走予定だった28連勝中のドージマファイター(栃木)は、
脚部不安のため回避しました。

14日盛岡での4歳重賞ダイヤモンドCはトニージェントが優勝。

5日札幌の4歳重賞北斗盃を3馬身差制したマークオブハートは、
北海道スプリントC(GV)が目標となる予定。
同馬はマジックリボンと同じマークオブディスティンクションの産駒。
マークオブディスティンクションは96年に死亡したため、
今年の4歳が最後の世代ですが、見事に重賞勝ち馬を出しました。

京王杯スプリングCで6着に敗れたUAEのディクタットは、
予定通り安田記念に出走する予定です。


(2000.5.14)
高知の重賞トレノ賞は10歳馬のメイショウタイカンが人気に応えました。

東京で行われた京王杯スプリングCは5番人気のスティンガーが優勝、
UAEのディクタットは6着、高崎のタマルファイターは15着に敗れました。


5月24日船橋で行われるかしわ記念(GV)の出走予定馬が発表になりました。
メイセイオペラが帝王賞に向けてここで復帰予定です。

ビーマイナカヤマJRAメイセイオペラ水沢トウケイメモリー大井
ミッドナイトベットJRAサプライズパワー船橋ナショナルスパイ大井
メイショウモトナリJRAデリケートワン船橋インテリパワー川崎
ロイヤルスズカJRAサントス大井エーピージュリアン川崎
ゼンノモトーレ大井ツルギアンバー愛知

駿蹄賞を勝った笠松のブルーロビンソンは名古屋優駿(GV)へ向かいます。
また、ブラウンシャトレー(愛知)は、JRA昇竜S(中京5.21)に出走予定です。

東海桜花賞で外傷を負ったハカタビッグワン(笠松)は
17日の東海クラウンからプロキオンS(GV・阪神6.18)に参戦を表明。

デビュー戦でレジェンドハンターを破っているマエストロセゴビア(笠松)は、
成績不振で降級し、18日のC3戦に出走します。
目標は中日スポーツ賞4歳S(GV・中京6.10)。


(2000.5.12)
4日に死去した大井出身ハイセイコーの「お別れの会」が開かれることになりました。
一般のファンも参列し、献花ができます。
場所はレ・コード館(北海道新冠町)で、日時は18日14時から。

京王杯スプリングCに出走するドバイのディクタットは、
安田記念(GT)にも出走意思を表明、日曜のレース振りに注目です。
なお、安田記念には香港からも1頭参戦予定です。


(2000.5.11)
デビューから圧勝で2連勝中の笠松のトミケンコンドルが、
5月17日の笠松1Rに出走、3連勝を目指します。

東海桜花賞でスタート直後に落馬し外傷を負ったハカタビッグワン(笠松)は、
すでに臨戦態勢、17日の東海クラウンに出走予定です。


(2000.5.10)
大井で行われた南関東の2冠目東京王冠賞(南関東G1)は、
イエローパワー不在の混戦の中、アローウィナー(大井)が制しました。
澤騎手は重賞初制覇をG1で飾りました。
2着は岩手から移籍2戦目の牝馬ウツミダンスダンス。

名古屋のオープン特別ジルコニアオープンはイッコーオーが勝ちました。

新潟から大井に移籍後3戦目のチェイスチェイスは、
本日のB2てんびん座特別を楽勝し移籍後3連勝。

昨年のマイルCS南部杯を制したGT馬ニホンピロジュピタが、
昨日の調教中に骨折し、残念ながら予後不良となってしまいました。


かきつばた記念を圧勝したゴールドティアラ(JRA)は、
次走東海S(GU・中京)から目標は帝王賞(GT・大井)の予定。
秋の最大目標はジャパンCダート(GT・東京)。
なお、東海Sは安藤勝騎手に騎乗依頼が来ています。

オグリキャップ記念を逃げ切ったマイターン(JRA)も、
次走は東海Sで、秋はジャパンCダートが目標となります。
3着のラッシュスルー(笠松)は、東海Sかかしわ記念(GV・船橋)が次走です。

兵庫CSを快勝した笠松のミツアキサイレンスの今後は、
名古屋優駿(GV)からジャパンダートダービー(GT・大井)の予定です。
夏は休養し、秋はダービーGP(GT・盛岡)が目標。
今年は中央遠征より交流重賞を重視するとのことです。


(2000.5.9)
東海Sを回避した名古屋のゴールドプルーフは、
飛節不安のため放牧に出される予定です。

JRAプリンシパルSを回避した笠松のレジェンドハンターは、
秋まで生まれ故郷のカタオカ牧場で放牧の予定です。


(2000.5.8)
水沢で7日に行われたシアンモア記念はバンチャンプが人気に応えて勝ちました。

28連勝の日本記録を継続中の栃木のドージマファイターは
自身の記録更新を狙って14日足利のメインレースに出走予定です。

羽田盃馬のイエローパワー(大井)はアキレス腱裂傷のため、
2冠目である東京王冠賞を正式に回避しました。

5日に名古屋で行われた4歳最初のSPT駿蹄賞は、
笠松のブルーロビンソンが楽勝、次走は名古屋優駿の予定です。


21日に中京で行われる東海S(GU)に、地方から以下の3頭が出走します。
セイエイツートップ(笠松)・ラッシュスルー(笠松)・トラベラー(金沢)
なお同レースを予定していた名古屋のゴールドプルーフは回避しました。


(2000.5.6)
5月5日農林水産大臣賞典第11回群馬記念(GV)
サ系4歳上高崎D1500m右15:351着3000万円

結果
ビーマイナカヤマJRA56鹿戸1:35.3
オースミジェットJRA56四位
デルマキングオー高崎55金井11/212
デアヴィクティー大井54森下 3/4
12ミッドナイトベットJRA57河内 クビ
×10ミヤシロブルボン岩手56阿部英 クビ
ブライアンズロマン栃木56内田利 クビ
マイシーズンJRA57武幸
11エムジーシューマ高崎55木村芳 クビ11
10タマルファイター高崎56丸山侯
11ロバリーハート新潟56渡邉正
12フジノカズサオー高崎55水野貴アタマ10

南関東のトップジョッキー石崎騎手(船橋)が、4日の船橋3Rで落馬。
骨折で全治1ヶ月と診断されました。

今年の羽田盃を圧勝した大井のイエローパワーがアキレス腱の裂傷を負い、
東京王冠賞出走は絶望となり南関東3冠への道が事実上閉ざされた。
現在のところ東京ダービーの出走も微妙。


本日の東京10R晩春Sに出走したワカサバロンは2着となり、
自身12回目の2着を記録した。
同馬は2年以上もの間準オープンに在籍しており、
オープン馬でもないのに総収得賞金は約1億5000万円にもなる。


(2000.5.4)
第2回かきつばた記念(GV)
サ系5歳上名古屋D1400m右15:451着3000万円

結果
ゴールドティアラJRA55武豊1:26.1
メイショウモトナリJRA57安田康
10メモリーベイツ愛知56内沢アタマ
アイリッシュパーク愛知55横川アタマ
12ストーンステッパーJRA56小林徹
キングデールJRA57大塚栄 1/2
トウショウライデン高知55川添11/210
×ゴールデンチェリー愛知53吉田稔
×メモリーデュラブ愛知55岡部誠 クビ
10マルカダイシス愛知57安部幸11
1111サントス大井55鈴木啓21/2
12リキヘヴン愛知55丸野11/212

5月5日農林水産大臣賞典第11回群馬記念(GV)
サ系4歳上高崎D1500m右15:351着3000万円

出馬表
タマルファイター高崎牡656丸山侯
ビーマイナカヤマJRA牡756鹿戸
ロバリーハート新潟牡856渡邉正
ブライアンズロマン栃木牡1056内田利
オースミジェットJRA牡756四位
フジノカズサオー高崎牡1055水野貴
デアヴィクティー大井牝554森下
マイシーズンJRA牡557武幸
デルマキングオー高崎牡755金井
×10ミヤシロブルボン岩手牡656阿部英
11エムジーシューマ高崎牡1055木村芳
12ミッドナイトベットJRA牡757河内

JRAプリンシパルSを回避した笠松のレジェンドハンターが放牧に出されました。
これで同馬の復帰は秋以降となる模様です。


(2000.5.3)
農林水産大臣賞典第1回兵庫チャンピオンシップ(GV)
サ系4歳園田D1870m右15:501着3500万円

結果
11ミツアキサイレンス笠松55川原2:00.7
タキノスペシャル北海道55井上俊 1/2
10マイマスターピースJRA55河内 3/4
×ケイオーデビル愛知55岡部誠 ハナ
アドマイヤタッチJRA55武豊
ダイコーフクキタルJRA55福永 3/4
ダイトクヒテン兵庫55田中学11/2
シアトルフレームJRA55四位 1/2
マッキーローレル兵庫55平松徳
10クールシャワー兵庫55岩田 3/410
11バクシンクリーク兵庫53小牧太11/211
1212フルミネート荒尾53岩本清大差12

勝ったミツアキサイレンスは次走名古屋優駿の予定です。


5月4日第2回かきつばた記念(GV)
サ系4歳上名古屋D1400m右15:451着3000万円

出馬表
リキヘヴン愛知牡855丸野
ゴールドティアラJRA牝555武豊
マルカダイシス愛知牡857安部幸
キングデールJRA牡557大塚栄
メイショウモトナリ愛知牡757安田康
アイリッシュパーク愛知牡755横川
×ゴールデンチェリー愛知牝753吉田稔
トウショウライデン高知牡1055川添
×メモリーデュラブ愛知牡755岡部誠
10メモリーベイツ愛知牡656内沢
11サントス大井牡855鈴木啓
12ストーンステッパーJRA牡856小林徹

宇都宮の重賞八汐賞では、イヴニングスキーとベラミロードの兄妹が初対戦しました。
結果は兄のイヴニングスキーがベラミロードに2馬身差で優勝、貫禄を見せました。

船橋の重賞船橋記念(南関東G3)はマルダイキセキが断然人気に応え優勝。
2着はエーピージュリアンでした。


(2000.5.1)
5月3日農林水産大臣賞典第1回兵庫チャンピオンシップ(GV)
サ系4歳園田D1870m右15:501着3500万円

出馬表
×ケイオーデビル愛知牡455岡部誠
シアトルフレームJRA牡455四位
タキノスペシャル北海道牡455井上俊
クールシャワー兵庫牡455岩田
アドマイヤタッチJRA牡455武豊
マッキーローレル愛知牡455平松徳
ダイコーフクキタルJRA牡455福永
バクシンクリーク兵庫牝453小牧太
ダイトクヒテン兵庫牡455田中学
10マイマスターピースJRA牡455河内
11ミツアキサイレンス笠松牡455川原
12フルミネート荒尾牝453岩本清

笠松の濱口騎手が4月27日の笠松9Rでスギノヤマノオーに騎乗して1着となり、
NAR通算1600勝を達成しました。
濱口騎手は昨年98勝を挙げ、笠松リーディング4位と活躍しています。