(2001年1月)


(2001.1.31)
ベラミロード圧巻 先行馬総崩れのハイペースを逃げ切り
(31日大井)TCK女王盃(GV)は、昨年のNAR年度代表馬ベラミロード(栃木)とJCダート4着の
プリエミネンス(JRA)が人気を集めた。レースはベラミロードが逃げハイペースとなり、
他の先行馬はプリエミネンスを含め直線半ばで失速したが、ベラミロードは逃げ切った。
2、3着は後方に待機したセクシーディナー(大井)、ユニティステージ(船橋)が入った。
東海のリンリンスキー(名古屋,10着)、ドルドキッド(笠松,16着)はとともに見せ場はなかった。
なおベラミロードはこの後休養して、春は群馬記念(GV)に出走する予定。

エクリプス賞にTiznow選出
アメリカ競馬最高峰の賞にあたるエクリプス賞の年度代表馬に、BCクラシック優勝の
Tiznowが選出された。同馬は希少血統のMano'War系の馬で、
この系統の馬が米年度代表馬となるのは半世紀以上ぶりとなる。

(31日名古屋)サラオープンのアメシストオープンは、2番人気のセンゲントウショウが
断然人気のラッシュスルー(笠松)を半馬身退け勝ちました。


(2001.1.30)
メグミダイオー一気に日本一の座へ
(30日荒尾)昨年から持ち回り制で行われているアラブの全国交流戦セイユウ賞アラブ大賞典
が行われ、岩手から地元荒尾に移籍3戦目となるメグミダイオー(5人気)が2番手から
抜け出し追い上げるミスターカミサマ(福山,4人気)の追撃を半馬身しのぎ優勝した。
メグミダイオーは、アラ系競走のない岩手ではサラオープンに混ざって2着などしており、
荒尾移籍後の2戦はともに秒単位の圧勝だった。1番人気のワシュウジョージ(兵庫)は
6着、ホマレスターライツ(栃木)は4着、東海公営から唯一参戦した
ブラウンダンディ(名古屋)は、2番人気に推されたが中位のままの5着に敗れた。


2.12佐賀 佐賀記念(GV) 出走馬

アブクマレディーJRAオリオンザサンクス大井ハットトリッカー佐賀
スマートボーイJRAハカタビッグワン笠松ヒノデキングオー佐賀
トーホウダイオーJRAミツアキサイレンス笠松ミカワケンタ佐賀
ホーマンスピリットJRAキングラシアン佐賀ヨシノメモリー荒尾

(2001.1.29)
ノボトゥルーがレコードで初重賞
(29日JRA東京)降雪による延期で行われた根岸S(GV)は今回から開催時期を
変更して1400mになった。レースは中団後に位置したノボトゥルー(JRA)と
サンフォードシチー(JRA)が直線で鋭く伸び、ノボトゥルーがレコードタイムで快勝。
最後方から追い込んだ1番人気のブロードアピール(JRA)は3着に敗れた。
ゴールドティアラは4着、上山のナリタワールドはせん痛のため出走を取り消した。
サンフォードシチー、ゴールドティアラ、マイネルブライアンはフェブラリーSに向かう。


27,28日の開催が中止となった高崎競馬の代替開催が2月3,4日に行われる。

(28日大井)3歳オープンの若獅子特別を、北海道から転入緒戦の北海道3歳優駿
2着馬フレアリングマズルが逃げ切り楽勝した。

(28日佐賀)「九州産馬のダービー」たんぽぽ賞のトライアルのノカイドウ特別
(九州産馬全国交流)は、昨年JRAのひまわり賞などを勝っている
コウセイロマン(佐賀)が人気に応え、本番の出走権を獲得した。


岐阜県地方競馬組合表彰馬(者)発表

サラ5歳以上ハカタビッグワン
サラ4歳ミツアキサイレンス
サラ3歳フジノテンビー
アラ5歳以上ミカワチャンピオン
アラ4歳クラボクモン
アラ3歳ツルギベンサー
調教師柳江仁伊藤強一
騎手川原正一安藤光彰
厩務員梶原一博


統一グレード・代表馬選定レース出走予定馬

2.7園田で行われるJRA桜花賞TR代表馬選定レース園田クイーンセレクションに、
東海公営から以下の6頭が出走予定です。
ゴールドサーパス(名古屋),コバンガデタヨ(名古屋),ハートフルソング(名古屋)、
フェイバリット(笠松),ミキノアルピニスト(名古屋),ミスダイアン(名古屋)


2.12笠松 節分特別(SPV,JRANHKマイルCTR代表馬選定) 編成馬

ファーストクロス金沢フジノコンドル笠松リブリスポルンガ笠松
セイエイカネノー笠松ホウシュウタイム笠松ダイコンジョー名古屋
チェリーグルーム笠松ヤマタイセイ笠松パワフルダンサー名古屋
ヒルノホンコン名古屋

2.12佐賀 佐賀記念(GV) 出走馬

(JRA出走馬未定)ミツアキサイレンス笠松ヒノデキングオー佐賀
オリオンザサンクス大井キングラシアン佐賀ミカワケンタ佐賀
ハカタビッグワン笠松ハットトリッカー佐賀ヨシノメモリー荒尾


ようこそ!(東海地区への転入)
[笠松]マナヒメ(JRA),[名古屋]ブラウンバレット(JRA)

お疲れさま
[笠松]オグリサッシュ(繁殖),ガイアフレンド(乗馬),サウスエクスプレス(乗馬),
スナークローマン(乗馬),トキワビジン(乗馬),プリモラプラス(繁殖)
[名古屋]ナックブレーヴ(JRA)


(2001.1.27)
レタセモア好手応えも4着
(28日JRA京都)バイオレットS(オープン,ダ1400m)に出走したレタセモア(笠松)は、
好位でレースを進め絶好の手応えで直線一旦先頭に躍り出たが、後方の馬に
交わされ惜しくも4着に終わった。平安Sのブラウンシャトレー同様、特に健闘
したわけではないが、13頭立ての12番人気という不可解な低評価だった。

アンカツJRAで2勝!早くも今年6勝目
(28日JRA京都)今週JRAで騎乗した安藤勝己騎手(笠松)は17鞍の依頼を受け
、うち2勝を挙げ、今年JRA6勝目をマークした。依頼馬のなかには、名古屋から
JRAに移籍したナックブレーヴもおり、東海公営時代に騎乗経験の
なかった馬にJRA移籍後に騎乗するという珍記録もあった。

名古屋・清家騎手がデビュー
(28日名古屋)6Rで新人の清家騎手がデビューし、5番人気のヒルノミラーに騎乗し
4着と、まずまずの騎乗を見せました。勝負服はゴドルフィンを思わせる青一色です。

ロジータ系絶好調
(28日JRA小倉)先日川崎記念(GT)を孫のレギュラーメンバーが制したばかりだが、
この日の準OP洞海湾Sで、ロジータの直仔カネツフルーヴがレコードで圧勝。
同馬はダートでは全く底を見せておらず、ダートの新星の可能性を秘めている。


(28日高知)黒潮スプリンターズC(古馬,1400m)は、ウォーターダグ(1人気)が接戦
を制し優勝。2〜6着が同タイムで入る大接戦で、マチカネホシマツリが2着でした。
最下位12着までが勝ち馬から4馬身以内に入るという記録的な大接戦となった。


(2001.1.27)
関東地方大雪で根岸Sなど中止
関東地方を襲った大雪のため27,28日の東京競馬の全レースが中止となり、
代替競馬が29,30日に行われることになりました。これに伴い、
根岸S(GV)も出馬投票をやり直しの上29日に延期されることになりました。
また、地方競馬の高崎,川崎の関東両場も全レース開催中止となりました。


(2001.1.26)
レギュラーメンバー、川崎で血が騒ぐ
(26日川崎)今世紀最初のGT、川崎記念は、ファストフレンド(JRA)とレギュラーメンバー
(JRA)の2頭が圧倒的人気を分け合った。レースはレギュラーメンバーの単騎逃げで
進み、ファストフレンドは早めに2番手に押し上げる展開。3角からは余裕の手応えで
2頭が抜け出し直線ではファストフレンドを半馬身退け逃げ切り勝ち。これまでの
ファストフレンドのレコードを1.3秒も更新するレコードタイムでGT2勝目を飾った。
レギュラーメンバーは川崎に所属した名牝ロジータの孫にあたり、ロジータも
11年前の第39回川崎記念を制しており、同じ川崎2100mではロジータ記念も行われて
いる。同馬にとっては記念すべき勝利となった。レギュラーメンバーは3月24日に行われる
ドバイWCにも登録しており、当面のライバルと思われたウイングアローに出走意思がなく、
ファストフレンドは回避する予定のため、出走権獲得に大きな勝利となった。
なお3着は2着から6馬身離れて昨年優勝馬インテリパワー(川崎)が入った。


統一グレード出走予定馬
2.18JRA東京のフェブラリーS(GT)に出走を予定(登録ではありません)している地方馬
アローセプテンバー(船橋),マキバスナイパー(船橋)


(2001.1.25)
フジノテンビー単勝支持率は85%
24日のゴールドジュニアを制したフジノテンビーの単勝は1.0倍だったが、
単勝支持率は85.1%にも上ったことがわかった。
2番人気のパワフルダンサーの単勝は13.5倍(支持率5.6%)。

統一グレード出走予定馬
1.31大井のTCK女王盃(GV)に出走予定だったシアトルブリッジ(JRA)が回避し、
JRA補欠1位のビューティグローが繰り上がり出走します。

ようこそ!(東海地区への転入)
[笠松]オーティーミラクル(JRA)


(2001.1.24)
フジノテンビー復帰戦を快勝
(24日笠松)JRA皐月賞TR代表馬選定競走ゴールドジュニア(SPV)は、朝日杯を
回避して3ヶ月ぶりとなったフジノテンビーが単勝1.0倍の人気を集めた。レースは
そのフジノテンビーが逃げてセイエイカネノーが絡み後続を離した展開で進み、
勝負どころからフジノテンビーがセイエイカネノーを突き放し3馬身差で楽勝した。
2着にはセイエイカネノー(3人気)が粘り、後方から追い上げたパワフルダンサー
(2人気)が3着だった。フジノテンビーはこれで皐月賞TRの出走権を獲得した。

ブラウンシャトレー前残りの展開に泣き4着
(21日JRA京都)平安S(GV)は、前日の雪の影響で不良馬場で行われ、2番手に
付けたマンボツイスト(JRA,6人気)が直線で抜け出し優勝。2着も好位でマークした
ハギノハイグレイド(JRA,5人気)が入った。名古屋から参戦したブラウンシャトレーは
中団前でレースを進め、直線手応えよく追い上げたが、先行有利の馬場で前を
とらえるには至らず4着だった。これでも同馬にとっては特に健闘したというわけ
ではないが、人気は10番人気という不可解な低評価だった。

高市師激怒?!ファストフレンドドバイ回避へ
以前からの大目標だったドバイワールドCに登録していたファストフレンド(JRA)の
回避の可能性がでてきた。川崎記念の最終追い切り後に高市師が話したもので、
「馬主との話次第だが回避する公算が高い。JRA賞も取れない馬を出しても
仕方がない」と語っており、先日のJRA賞の不可解な選出に対して同師が
不満を爆発させたという報道もある。


東海地区有力馬情報

フジノテンビー
(中山師)
今日の出来は7分で珍しく入れ込んだ。絡まれたのはいい経験。
この後はアーリントンC(GV)から若葉S、皐月賞と向かいたい。
ゴールデンチェリー引退戦の予定だった根岸S(GV)を回避。このまま引退濃厚か

(24日笠松)東海クラウン(サラOP)は、人気を分け合った1頭エフワンライデンが逃げ切り
快勝。2着はダイコクテイオー(3人気)が好位から伸びた。もう1頭の1人気
アタゴホープは好位を進むも直線失速し4着に敗れた。

(23日浦和)ニューイヤーC(3歳,1600m,南関G3)は、ミキノポテンシャル(浦和,1人気)が
後方から徐々に進出し直線で差し切り優勝。2着は逃げたテンポウキング(川崎,2人気)。

(21日佐賀)JRA桜花賞TR代表馬(四国・九州地区)選定競走の花吹雪賞は、高知からの
参戦はなく、荒尾2頭、中津1頭の遠征勢を迎えて行われた。九州では佐賀が圧倒的な
勢力を誇っているが、人気を集めたのは荒尾の馬。その名もエスパーアラオが
好位から抜け出し快勝した。2着にはリードエンゼル(佐賀)。3着には11番人気の
中津のナイトロガールが入り、普段の佐賀優位のうっぷんを晴らす結果となった。

九州競馬では東北地区騎手招待特別が21日の佐賀と23日の荒尾で行われ、
菅原勲騎手(岩手)など東北地区のジョッキーが招待されました。
21日は真島騎手、23日は牧野騎手と、ともに地元のトップジョッキーが制しました。


(2001.1.20)
東海地区有力馬情報

レジェンドハンター復帰戦の予定だったシルクロードS(GV)を回避した
レタセモア1.28JRA京都のバイオレットSに出走予定

統一グレード出走予定馬

1.26川崎の川崎記念(GT)に出走予定だったマイネルコンバット(JRA)は回避しました。
JRA補欠1位のリージェントブラフが繰り上がりました。


ようこそ!(東海地区への転入)
[笠松]オグリスワット(JRA),キタノチャンピオン(金沢),キヌガサフウジン(金沢),
コンバットテイオー(岩手),スペシャリティー(JRA),ニホンピロロータス(JRA),ハビバノンノン(中津),
ファルコンボーイ(新潟),ピュアーダッシュ(新潟),ラスカルジョオー(新潟),ワカサマ(岩手)
[名古屋→笠松]セイエイスタホス,モリトラセンプー
[笠松→名古屋]エイリュウマーチ,イチリュウクン,ホウセイサファリ,ミリオンセラー,モリノビジョ

お疲れさま
[笠松]アキヒロハヤト(益田),オールザダイリン,コアタイム(乗馬),ジェイエムルマン(大井),
ジュピターウーマン,スギノグッドラック(乗馬),タカラウインド(乗馬),トモノマリアン(高知),
パールセンプー,ハッピーパンサー(乗馬),マルタカワイティー(乗馬),
ミクサキドリーム(乗馬),ミツアキカツヒメ,ヤングロドリゲス(乗馬),
ヤングマン(乗馬),ヨシノジュピター(乗馬),ラッキーチェイサー


(2001.1.19)
2000年JPNクラシフィケーション発表
2000年のJPNクラシフィケーションが発表され、100ポンド以上の評価を獲得した馬は、
東海所属馬ではフジノテンビーの106を筆頭に以下の7頭だった(1ポンド=約0.45kg)。
なおダート部門は古馬の最高がウイングアロー(JRA)の116、4歳馬の最高は
レギュラーメンバー(JRA)の110、ファストフレンド(JRA)は109だった。

レイテ
ィング
馬名所属部門自身最高のレイティングを
獲得したパフォーマンス
106フジノテンビー笠松3歳芝デイリー杯3歳S-GU1着
103ゴールドプルーフ名古屋5歳上ダI/L名古屋大賞典-GV2着
102ハカタビッグワン笠松5歳上ダM/I/L白山大賞典-GV2着など3回
102ブラウンシャトレー名古屋4歳ダIサラブレッドCC-GV1着
101ラッシュスルー笠松5歳上ダLオグリキャップ記念-GU3着
101ミツアキサイレンス笠松4歳ダI/芝MサラブレッドCC-GV2着,中日新聞杯-GV3着
100マジックリボン(牝)笠松5歳上ダITCK女王盃-GV2着

(17日名古屋)ガーネットオープン(サラオープン,1800m)は、笠松から参戦した前走名古屋記念
2着のラッシュスルーが断然人気に推されたが末脚不発で5着に敗退。
勝ったのはメモリーデュラブ(2人気)。2着は人気薄のロックローレル。


東海地区有力馬情報

レジェンドハンター復帰戦は2.4JRA京都のシルクロードS(GV)で、目標は高松宮記念(GT)
ブラウンシャトレー
(国光師)
ずいぶん成長した。次走は平安S(GV)。春の目標は地元の
名古屋大賞典(GV)で、長距離遠征は上手くないのでしない。

1.24笠松 ゴールドジュニア(SPV,皐月賞TR東海北陸近畿地区代表馬選定) 編成馬

ファーストクロス金沢フェイバリット笠松ヤマタイセイ笠松
クラホレホレ笠松フジノテンビー笠松リブリスポルンガ笠松
セイエイカネノー笠松マルカヴィット笠松カイテキコーボウ名古屋
パワフルダンサー名古屋

(17日大井)東京シティ盃(古馬,1400m,南関東G3)は、サプライズパワー(船橋,2人気)が
好位から抜け出し快勝。重賞10勝目。ワールドスペクター(大井)が中位から差し2着。
1番人気のオリオンザサンクス(大井)は逃げるも直線一杯で5着に敗れた。


お疲れさま
[笠松]ジーナ(JRA)
[他地区ダート活躍馬]オースミジェット(種牡馬)


(2001.1.16)
NARグランプリ2000発表

年度代表馬ベラミロード栃木
サラ5歳以上最優秀馬インテリパワー川崎
サラ4歳最優秀馬ミツアキサイレンス笠松
サラ3歳最優秀馬トーシンブリザード船橋
アラ5歳以上最優秀馬ワシュウジョージ兵庫
アラ4歳最優秀馬コウザンハヤヒデ荒尾
アラ3歳最優秀馬クールテツオー兵庫
ばんえい最優秀馬シマヅショウリキ
最優秀短距離馬ベラミロード栃木
最優秀牝馬ベラミロード栃木
特別表彰馬ハイセイコー
ファストフレンドJRA
最優秀調教師賞川島正行船橋
最優秀騎手賞石崎隆之船橋
優秀新人騎手賞御神本訓史益田
優秀女性騎手賞宮下瞳愛知
ベストフェアプレイ賞川原正一笠松
特別賞荒川友司(調教師)笠松
佐々木竹見(騎手)川崎

なお、ダートグレードレース最優秀馬にはウイングアロー(JRA)が選出された。


ようこそ!(東海地区への転入)
[名古屋]ハイテクドリーム(JRA),ブルーマイジョイ(JRA)


(2001.1.13)
早くもJRA3勝目 アンカツ今日も2勝
(13日JRA京都)JRA京都で騎乗した安藤勝己騎手は、1Rと10Rを勝ち2勝を挙げた。
これで今年JRAで3勝目となった。11Rで騎乗予定だったのジョープロテクターは競走除外。

デムーロ笠松初参戦・初勝利
(10日笠松)JRAの短期免許を取得し来日しているデムーロ騎手(イタリア)が交流戦騎乗のため
笠松に初参戦し、8Rの若松賞でタニノジャドール(JRA,1人気)で笠松初勝利を挙げた。


1.24笠松 ゴールドジュニア(SPV,皐月賞TR東海北陸近畿地区代表馬選定) 出走予定馬

ファーストクロス金沢テクノパール笠松ヤマタイセイ笠松
クラホレホレ笠松フジノテンビー笠松トップウイナーコン名古屋
セイエイカネノー笠松マルカヴィット笠松パワフルダンサー名古屋
ダブルフェース兵庫

※レタセモア号の登録はありませんでした。


1.28JRA京都のバイオレットS(3歳OP)に、レタセモア(笠松)が出走予定です。

1.30荒尾の全日本セイユウ賞アラブ大賞典に、ブラウンダンディ(名古屋)が出走予定です。


(2001.1.12)
交流のベテラン、ビーマイが制す!
(7日JRA中山)ガーネットS(GV)は、ビーマイナカヤマ(JRA,6人気)が先行抜け出しで
優勝。連覇を飾りました。2着には1番人気のブロードアピール(JRA)が追い込んだ。

ブラウンダンディが3連覇!
(4日中京)名古屋杯(アラ古馬,SPT)は、圧倒的人気のブラウンダンディが圧勝。
2着も2番人気のラディガブライトが入った。ブラウンダンディはこれで名古屋杯3連覇。

アタゴホープ1900mで本領発揮
(10日笠松)白銀争覇(アラサラ混合,古馬,SPU)は、アラブの参戦はなかった。
アタゴホープ(3人気)が直線で逃げ粘るロングリリーフ(5人気2着)を差し切り優勝。
1番人気のエフワンライデンは見せ場なく5着に敗れた。

地方競馬関係にJRA馬事文化賞
2000年度JRA馬事文化賞受賞作品が発表され、1年間に発表された馬事文化作品
約1800点の中から、佐藤次郎著「砂の王 メイセイオペラ」が選出されました。
同作品は地方所属馬として初めて中央のGTを制した同馬を生い立ちから追った
ノンフィクション作品です。著者の佐藤氏はJRA馬事文化賞を受賞します。

JRA賞は地方馬にも得票もファストフレンドの評価に疑問
2000年度よりJRA賞は地方所属馬も対象に加わったが、地方馬の得票は合計4票だった。
内訳は、最優秀3歳牡馬部門でフジノテンビー(笠松)とネイティヴハート(岩手)に各1票、
最優秀短距離馬部門でベラミロード(栃木)に2票。またGT2勝のファストフレンド(JRA)は
5歳以上牝馬、父内国産馬ともに選出もれし、投票者の客観的評価に疑問が残った。

降雪で開催中止相次ぐ
8日は降雪のため各地で開催が順延となり、水沢が9日に変更、
宇都宮は同開催の以降の日程を1日ずつ繰り下げた。
また、岩手は9日に、新潟と金沢は4日に今年度の開催を終了した。


(12日笠松)新春グローリ(アラ,1800m,P)は、昨年末にブラウンダンディを敗っている
マリンレオが1.1倍の圧倒的人気に応え完勝しました。

(11日宇都宮)オープン特別の新春特別(1900m)は、ベラミロードが逃げ切り楽勝。
同馬は引退を撤回しこの後はTCK女王盃(GV)へ向かう予定。

(4日金沢)サラブレッドヤングチャンピオン(3歳,1700m)は、4番人気のファイテングボーイ
が差し切り勝ち。半馬身差2着にはキクノライデン。珍名馬チカテツが9番人気ながら4着。

(4,7日佐賀)佐賀金杯(古馬,2000m)は、明け4歳のキングラシアン(4人気)が5馬身差の圧勝。
7日のニューイヤーC(3歳,1800m,佐賀限定)は、キングウィザード(2人気)が差し切り。


東海地区有力馬情報

フジノテンビー
(中山師)
ハリ治療後少し休んだだけで毎日乗っている。馬体は一回り成長している。
24日のゴールドジュニア(SPV)から始動したい。
リンリンスキー次走はTCK女王盃(GV)の予定。

統一グレード出走予定馬

1.26川崎 川崎記念(GT) (21世紀最初のGT)

タマモストロングJRAメイセイユウシャ岩手マキバスナイパー船橋
ファストフレンドJRAエビスヤマト新潟トミケンライデン大井
マイネルコンバットJRAアローセプテンバー船橋インテリパワー川崎
レギュラーメンバーJRAサプライズパワー船橋タイセイリーフ川崎
ナショナルスパイ船橋ランニングゲイル川崎

14頭中9頭が東京大賞典出走予定馬と同じになった。特にJRAは4頭とも同じ。


1.27JRA東京の根岸S(GV)に出走予定の公営所属馬は以下の通り。
ナリタワールド(上山),ノースエアーポート(浦和),ブルーロビンソン(笠松),ゴールデンチェリー(名古屋)


1.31大井 TCK女王盃(GV)

アブクマレディーJRAベラミロード栃木アインアイン大井
サニーサイドアップJRAドルドキッド笠松ウツミダンスダンス大井
シアトルブリッジJRAリンリンスキー名古屋スイングバイ大井
トシザミカJRAホクトオーロラ船橋セクシーディナー大井
プリエミネンスJRAヤマノリアル船橋ユニティステージ大井
リンドアマゾネス大井

(2001.1.3)
シャンハイロードが手薄なSPUを辛勝
(2日中京)新春グランプリ(古馬,1000m,SPU)は、有力馬が名古屋記念にセレクト
された2組目のメンバーで争われたためやや手薄気味。人気を集めたシャンハイ
ロードがニシケンティターンとロックローレルとのクビ+ハナ差の大接戦を制しました。

(2日笠松)アラブギフ大賞典(アラ古馬,1900m,SPT)は、断然人気のブレーンワーク
が直線で抜け出し、猛追するイワノヒットキングをクビ差凌いで優勝。

(3日中京)名古屋リーディングジョッキーケンタウロスC(Bセレクト,1700m,P)は、
戸部騎手騎乗の1番人気コートドールが勝ちました。2着には人気薄の
河端騎手騎乗カガヤクホワイト。吉田稔騎手は最下位の12着でした。


(2日ば帯広)正月の名物レース帯広記念(古馬)は、実力馬2頭の一騎打ち。
一昨年のばんえい最優秀馬シマヅショウリキがサカノタイソンを下しました。

(2日水沢)金杯(4歳,1600m)は、クラシックホリデーが好位から抜け出し人気の
トニージェントを2馬身下して優勝しました。メイセイオペレッタは6着。

(2日新潟)新潟グランプリ(古馬,2280m)は、伏兵のエーブブレーンが人気の
実力馬エビスヤマトを半馬身差退け優勝。

(3日新潟)大雪のため全9レースが中止となりました。代替開催は行われません。

(3日金沢)ニューイヤーC(古馬,A2・3級,1900m)は、人気のツルギサンが好位から抜け
出し快勝。ツルギサンは昨年の読売レディス杯のツルギアンバー(名古屋)の2着馬です。

(3日中津)中津大賞典(古馬,2300m)は、人気のライジングタイドが逃げ切り勝ち。
追い上げたハリアップスキーがクビ差の2着に入りました。


ようこそ!(東海地区への転入)
[笠松]ミレニアムマーチ(JRA)

お疲れさま
[笠松]オグリビーナス(JRA)


(2001.1.1)
世紀をまたぐライバルたちの共演! ミツアキサイレンス
(1日笠松)東海ゴールドC(古馬,2500m,SPT)は、タカノハハローの単騎逃げを人気両頭
ミツアキサイレンスとゴールドプルーフがマークする展開で2周目3角まで進んだ。
ここからミツアキサイレンスとゴールドプルーフが一気にタカノハハローを交わし、
直線ではミツアキサイレンスが突き放し2馬身半差の圧勝。2着はゴールドプルーフ、
3着は6馬身差でタカノハハロー、その後は大差が付いた。
明け4歳(新表記)のライバルミツアキサイレンスとブラウンシャトレー。
ブラウンが大晦日の名古屋記念を制せばミツアキが元旦のこのレースを制す。
文字通り世紀をまたぐライバルの共演だった。
なおこのレースは全馬(1〜8着)人気通りの着順だった。

年齢表記変更 世界標準表記へ
2001年1月1日より、日本競馬の年齢表記が世界標準に変更となり、従来より1歳
若い表記となった。生まれた年は0歳とし、元旦に一斉に1歳を加える。
なお当HPでも新表記を採用し、これ以降の表記はすべて新年齢表記を用います。
以前の記事の表記は変更しませんが、過去の結果等を記事に用いる場合は、
2000年以前のレースについても新表記を使用します。

ミスダイアン新SPT制覇
(1日中京)今年からSPTに格上げとなった新春ペガサスC(3歳,1000m)は、2番人気の
ミスダイアンが6番人気の伏兵ハートフルソングを1馬身差で退け、SPT初制覇を飾った。
1番人気のゴールドサーパスは8着に敗れた。ミスダイアンは地元では負けなし。


7日より東海地区は、5日で今年度の開催が終了する金沢競馬の所属馬が参戦できる
シーズンになります。金沢所属馬はそのまま笠松・名古屋の一般レースにも参戦できます。
これに合わせて金沢で8日より東海地区の全レースの場外発売も行われます。

東海地区有力馬情報

ミツアキサイレンス
(粟津師)
古馬相手を心配したが問題なかった。佐賀記念(GV,2.12)から
阪神大賞典(GU)か名古屋大賞典(GV)に向かいたい。
ブラウンシャトレー
(国光師)
馬体が成長してきたので、名古屋記念は余裕があった。
次走は距離を考えて平安S(GV,京都)の予定。
ゴールドプルーフ
(今津師)
今日はちょっと右脚に不安が出てしまって負けてしまった。
次走は佐賀記念(GV,2.12)。中央の芝も一度使ってみたい。
セイエイカネノー
(岩崎師)
素質あるのでこのくらい(ライデンリーダー記念)は走る。
次走はゴールドジュニア(SPV)の予定。
ゴールデンチェリー
(瀬戸口師)
名古屋記念は距離が長かったし気の悪さも出した。
繁殖入り前に最後に根岸S(GV,東京)を使いたい。

(1日ば帯広)今世紀日本最初の重賞黒ユリ賞(3歳牝)は、人気薄が上位を独占。
7番人気のチサトグレイスが優勝、8番人気のタカラリュウヒメが2着に入り、
3着は最低人気の馬だった。
なお今世紀最初のレースは中京1Rの4歳戦で、ダイナが勝ちました。



ようこそ!(東海地区への転入)
[笠松]ニホンピロシーン(JRA)
[名古屋]サウンドスポット(JRA)

お疲れさま
[笠松]アゲハジャッカル(乗馬),ガブリエル(乗馬),サチノテイセン(乗馬),
フレンチビーナス(乗馬),サッカークイン(繁殖),ローヤルプリン(繁殖)
[名古屋]サカエワン(乗馬),セリーリージェント(乗馬),ピュアーホーラー(乗馬),
ホウライアビリティ(繁殖),マタニティラブ(繁殖)